本文へスキップ

遺言書作成・相続手続(遺産分割協議書の作成)のサポートは、「東京アリスト遺言相続相談室」の東京都港区アリスト社労士行政書士事務所にお任せください。

TEL. :050-3054-5725 営業時間9時から20時(日祝日を除く)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-7-10虎ノ門ニューファションビル2F

相続手続のサポート業務NEWS&FAQ

相続とは?

相続とは、亡くなった人の財産を相続人に継ぐことです。亡くなった人のことを「被相続人」といいます。「被相続人」から財産を継ぐ人のことを「相続人」といいます。
相続財産には、金銭、有価証券、動産、不動産、物件、債券などがあります。
ここで、注意が必要なのは、「プラス」の財産だけでなく「マイナス」の財産(借金など)も財産に含まれます。

相続手続のポイント

東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント1被相続人の死亡7日以内
・市区町村に被相続人の死亡届の提出
(死亡診断書または死体検案書が必要)
火(埋)葬許可証交付申請書の提出
東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント2遺言書の有無を確認します
・遺言書がある場合は、家庭裁判所の検認を受けた後開封します。(遺言書の無効、有効を判断するものではありません。公正証書遺言の場合は、検認は不要ですぐに相続手続が出来ます。)その内容を十分に検討・チェックして誰にどの財産を配分するのか確認します。
・遺留分を侵害していないか調べます

東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント3相続財産を確認します
・相続財産のリストを作成して遺産の種類、それぞれの財産の価値を調べます。 
・借金もないか確認します。
 東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント4相続人を確認します
・被相続人の戸籍謄本を取り寄せます。
・法定相続人は何人いるのか、行方不明者はいないか、遺言書がある場合は、遺言書に書かれた者で法定相続人以外の者がいないかを確認します。
・非嫡出子で認知されているお子様がいないかも必ず確認します。
東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント5法定相続分とは? 
 配偶者(妻・夫)子供が相続人である場合  配偶者1/2
子供(2人以上のときは全員で)1/2
 配偶者(妻・夫))直系尊属(父・母))が相続人である場合  配偶者2/3
直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3
 配偶者兄弟姉妹が相続人である場合  配偶者3/4
兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4
 東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント6遺言書がない場合は、遺産分割協議書を作成します
遺言書がない場合は、法定相続分を基準として考えた遺産分割協議案にて話し合います。
・遺産分割について、各相続人の間で合意が成立すれば、遺産分割協議書を作成します。

(分割の方法)
 
遺産の分割には以下の方法があります。
 現物分割 A土地は長男に、B土地は長女に、預貯金と有価証券は次男にと遺産を現物で分ける方法です。
 代償分割 遺産の土地建物を長男が取得する代わりに、次男及び三男に200万円支払うと言う方法で、相続分以上の財産を取得する代償として他の相続人に自己の金銭等を支払う方法です。
 換価分割 遺産を売却して現金を配分する方法です。
 共有分割 A土地B建物を長男・次男・三男の3人で共有する方法です。将来の売却等が困難となることが短所です。

 東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の相続手続のポイント7その他手続きの期日
・財産よりも借金が多い場合は相続放棄、借金が相続財産より多いか少ないか不明なときは、限定
承認を行うことがきます。この場合は、相続人となってから3か月以内に家庭裁判所への申し立て
が必要
・相続人の代表者は、4か月以内に税務署へ被相続人の所得税の申告・納付


当事務所に相続手続のサポートをご依頼いただくメリット

「相続関係図の作成」、「相続人調査」、「被相続人の戸籍謄本の収集」、「遺産分割の協議書作成」などの事務的書類収集・作成から、メンタル的な部分もサポート・アドバイスいたします。また、相続税の手続きにつきましては、合同事務所の「EMZ総合会計事務所」と連携で「ワンストップ」でご対応させていただきます。相続移転登記につきましては、当事務所と既にお取引のある司法書士事務所をご紹介いたします。
なお、既に訴訟性のある相続手続につきましては、弁護士業務となりますので、ご対応致しかねますのでご了承ください。


東京都港区の東京アリスト遺言相続相談室|東京都港区虎ノ門のアリスト社労士行政書士事務所のお問合せ先


バナースペース

東京アリスト遺言相続相談室
東京港区アリスト社労士行政書士事務所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-7-10
虎ノ門ニューファッションビル2F

TEL
携帯
(夜間土日祝日対応)

FAX 03-6206-1430


東京アリスト遺言相続相談室の東京都港区虎ノ門アリスト社労士行政書士事務所の代表 郡山 博之
 社会保険労務士・行政書士
   代表 郡山 博之